医療事務資格の取得方法を徹底解説!

医療事務勉強

医療事務の資格を取得するには、主に3つの方法があります。専門学校に数年通って資格を取得する方法、通信講座を利用して資格を取得する方法、独学で試験に合格して資格を取得する方法です。どの方法を選んでも、メリットとデメリットがあります。

 

それぞれの資格取得方法のメリット

 

専門学校で資格を取得するメリットは、十分な設備と環境です。病院に実習に行くことで、医療事務の仕事内容を肌で体感することが出来ます。また、医療事務になりたいと考えるクラスメイトと一緒に勉強することによってやる気も続きますし、ライバル心からも成績の伸びが期待できます。

 

通信講座で資格を取得するメリットは、合格ノウハウです。初心者でも分かりやすいテキストや質問体制の整備など、医療事務を知らない人でも通信講座を終わらせれば知識がつけられるようになっています。

 

資格試験も、受講者は自宅試験可など配慮してもらえることもあります。また、短い細切れ時間でも効率よく勉強できるよう、様々な点で心配りがされています。

 

医療事務の通信講座

独学で資格を取得するメリットは、費用を抑えられることです。かかる費用は自分で勉強するためのテキスト代と試験代くらいですので、1万円もかけずに資格取得が出来る可能性があります。

 

また、自分のペースでどんどん勉強を進めることが出来るので、勉強の進みが早い・遅いといったストレスがありません。

 

それぞれの資格取得方法のデメリット

専門学校で資格を取得するメリットは、資格取得期間が長くかつ高額な費用がかかることです。専門学校では平均2年医療事務について勉強します。また、設備が良い分費用もかかってしまい、1年間に100万円以上が必要といった学校もあるそうです。

 

独学で資格を取得するデメリットは、途中で挫折しがちであるということです。資格取得するという気持ちが折れてしまい、やめてしまう人が多くいます。また、質問をする環境が少ないので、分からないことはそのままにしがちということが多いようです。

 

ところが、通信講座で資格を取得するデメリットはあまりないのです。独学と同様途中で挫折する人が多そうですが、専門学校ほどの高額ではありませんが費用をかけているのでもったいないと続ける人が多いのが実情です。

 

よって、資格取得に一番よい方法は、通信講座の利用ではないかと考えます。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン