医療事務の資格取得者の傾向

医療事務の資格の取得を目指す人が増える傾向

グラフ

ここ最近、医療事務として働きたいと考えている人は増えています。その結果として、医療事務の資格取得を希望する人もまた増えています。

 

一例として、医療事務技能審査試験の受験者数は年間約5万人、医療事務管理士の受験者数は年間約2万人となっており、今後も人気の高まりとともに、受験者数・資格取得者数ともに増加していくと予想されています。

 

実際に資格を取得した人の傾向

それでは実際に資格を取得した人の傾向を見てみましょう。

 

性別は男性よりも女性の方が圧倒的に多く、専門学校によっては「医療事務コース」の入学者は女性のみと限定しているところもあります。また、医療事務の仕事内容自体が、病院や診療所の受付やレセプトの細かいチェック業務など、女性向きの仕事が多い傾向にあります。

 

実際に、現場で医療事務として働いている人もほとんどが女性ですので、このことも医療事務の資格取得者の女性の割合が多いことに起因していると考えられます。

 

年齢は若い人の割合が多く、高校を卒業後、専門学校で資格を取得する人が多いことが関連していると考えられます。また、通信講座で資格取得を目指して勉強をしている子育て中等の女性の年齢層は20代〜30代が最も多いです。

 

若い世代の女性受験者が多い分、結果として合格者も若い女性が多く、これは医療事務の試験に限りませんが、若い人のほうが記憶力、適応能力が高く、柔軟に問題や課題を解決することができる傾向があるとも言われています。

 

勉強方法は通信講座を利用して資格取得をする人の割合が最も多いです。専門学校大手の大原グループでは、年間1700人ほどが医療請求事務2級の資格を取得しているのに対して、

グラフ

 

通信講座大手のユーキャンでは、年間3000人以上が医療事務講座を修了し、資格試験に合格しています。専門学校や通信講座は大原グループやユーキャン以外にもたくさんありますが、この数字からも、通信講座の資格取得者数が専門学校より圧倒的に多いということが分かると思います。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン