医療事務の勤務時間はどれくらい?

朝早いのが特徴の1つ

 

医療事務の勤務時間の特徴の1つとして、朝が早いことが挙げられます。普段病院・診療所の開始時刻は8時半〜9時というところが多いですが、その時間に開けるためにはもっと早くから準備をする必要があるからです。

 

パソコンの起動や掃除、朝礼など朝でなければ出来ない仕事は多いので、診療所の開始時刻よりも30分ほど早い時間、すなわち8時台の出勤を求められることが多いようです。

 

また、最近では電話やネットで当日の順番を取れるというところも増えていますが、昔ながらの方法で来院順に受け付けるというところもまだまだあります。そのような病院・診療所の場合は、診察開始時間よりも早く開ける必要があります。

 

勤務時間は病院・診療所によってさまざま

医療事務

勤務時間は病院と診療所で事情が異なります。病院の場合には、医療事務の人数が多いので、早番・遅番のシフトが組まれることがほとんどです。救急病院に勤務する場合には夜間当直などがあることもあります。

 

どちらの場合も8時間労働になるように調整されていますが、患者さんの数が多い時や忙しい時間帯にかかる時には残業があることがあります。診療所の場合には医療事務の人数が少ないので、シフトを組むことは少ないです。診療所も病院と同様8時間労働が基本となっていますが、例外も多いです。

 

人気の診療所では、患者さんが多く診療時間が延びてしまうことが多々あり、その場合は必然的に残業となってしまいます。また、パートの場合だと、午前診療のみ・午後診療のみの勤務となっていることもあります。

 

診療所の特徴の1つとして、長い昼休みがあることが挙げられます。この場合には、医療事務の昼休みも同様に長く設定されていることがあります。その時間は勤務時間外とみなされ、私的な外出が許可されていることもあるようです。

 

また、病院・診療所にかかわらず、月初め10日ほどは診療報酬の請求手続き期間、すなわちレセプト機関としているところがほとんどです。この期間は提示に終われず、残業をしなければならない場合がほとんどです。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン