医療事務の重要性について

医療事務の仕事の重要性

医療事務スタッフ

医療事務は、同じ医療機関で働く医師や看護師、薬剤師などとはかなり仕事内容が異なります。上で挙げた仕事は学校で勉強後に国家資格を取得し、専門の知識や技術を活かす仕事です。

 

一方、医療事務は資格を取得する必要がなく、誰でも出来そうな仕事に見えます。しかし、医療事務の仕事の重要性は他の仕事にひけを取りません。受付、カルテ出しを行う医療事務がいるからこそ、患者さんをスムーズに診察することが出来ます。

 

会計処理をする医療事務がいるからこそ、患者さんから間違いのない医療費を請求することが出来ます。診療報酬請求を行い、間違いがないかを確認するレセプト作業を行う医療事務がいるからこそ、保険者へ莫大な金額の医療費を請求することが出来ます。

 

医療事務がいなければ、患者さんからも保険者からも医療費をもらうことが不可能になり、その結果やりくり出来ずに閉院に追い込まれてしまうかもしれません。このような点で、医療事務もまた他の業種同様に欠かせない重要な仕事なのです。

 

医療事務のこれから

医療事務スタッフ

最近、医療事務の仕事内容はめざましく変化しています。なかでもレセプト請求を原則オンライン化で行うという原則となったことが大きいです。

 

医療事務はコンピューターを使えることが基本となってきますし、効率のよいコンピューターを活用することで人件費のかかる医療事務を減らそうと考える医療機関も出てくるでしょう。

 

しかし、医療事務という仕事はなくなることはないと考えます。レセプトはオンライン化されていますが、入力するのは医療事務ですのでどうしてもヒューマンエラーが起こってしまいます。入力された診療報酬明細をチェックし、間違いを正すのには人間の目、すなわち医療事務が必要です。

 

また、大きな病院では受付や会計は機械化が進んでいますが、人とのふれ合いを大切にするためにあえて機械化しないところがあるのもまた事実です。

 

医療事務の仕事はなくならないにしても、その仕事内容は時代によってどんどん変化していきます。柔軟に対応できる能力もまた必要だと言えるでしょう。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン