医療事務試験の試験科目と出題傾向について

試験科目は学科と実技が科せられることが多い

医療事務スタッフ

医療事務の資格の試験科目は、それぞれの試験によって異なります。一番多いパターンは、学科と実技の2種類の試験を受けるものです。

 

学科は複数の選択肢の中から正解1つを選ぶ、択一式のものが多いです。出題範囲は医療保険や医療用語、法規の基礎など幅広い範囲に及びます。選択肢の中に正解があるので、記述問題と比べて解きやすくなっています。

 

実技は診療報酬請求事務に関するものが多いです。実際にレセプトを作成させたり、出来上がったレセプトを点検させたりといったことをします。外来レセプトは必ずありますが、入院レセプトを行うかは資格試験によって異なります。

 

また、医療事務資格試験の大きな特徴として、自前の資料の持ち込みが認められているという点があります。これは、実際の現場では点数表などの資料を見ながらレセプトの作成を行うので、それに即しているためです。

 

実技はもちろん、学科でも資料の持ち込みが許可されていることがほとんどですので、暗記の必要がありません。レセプトの作成方法などといった手技をきちんと身に着けておけば取れる資格です。

 

よって、時間があまりない人でも暗記の必要がなく、医療事務の資格が取りやすいと人気が高い理由の1つになっています。

 

出題傾向は過去問でチェック

医療事務スタッフ

試験によって記述式と択一式の配分、試験時間、出題範囲などが異なります。よって、医療事務の試験の出題傾向を知るには、過去問を解くの一番です。

 

過去問を何度も解いていくと、資格試験の出題傾向を知ることが出来ます。1回分だけではなく、数回分を繰り返して解いた方がより効率的でしょう。

 

過去問は本屋で手に入れることも出来ますし、最近では認定団体がサイトで通販をしている場合もあります。通信講座を受講している人は、教材の一部になっていることもあります。

 

注意点として、過去問を手に入れる時には、自分が目指す資格試験であることをきちんと確認しておきましょう。別の資格試験の過去問であった場合には、必要な範囲の勉強が出来なかったり不要な範囲の勉強をすることになることがあります。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン