医療事務の資格について

医療事務の資格はどんな資格?

現在、医療事務の資格は、女性を中心に人気があり、かなりポピュラーな資格だと言えます。

 

病院や診療所で働く医師や看護師、薬剤師や臨床検査技師などは国家資格といい、国が認める資格になります。また、法律でその資格を持っていなければ就業することが出来ないと定められています。

病院

 

一方、医療事務の資格は民間資格と呼ばれ、民間の企業・団体によって認定されています。医療事務は医師などの国家資格とは異なり、資格を取得していなくても就業することも出来ます。しかし、実際に就職、転職する際には有資格者が優遇される傾向があり、事前に資格は取得しておくことをおすすめします。

 

医療事務の資格の種類

医療事務の資格の特徴の1つとして挙げられるのが、資格が複数存在するという点です。これは医療事務の資格を認定する団体が複数あり、それぞれが独自の資格を定めているからです。

 

難易度も資格取得方法も様々です。試験の合格率が30%の難関資格から、指定した講座を受講すれば誰でも取得できるものまで資格によって異なります。知名度も業界の人なら誰でも知っているものから、無名のものまで幅広く存在しています。

医療事務スタッフ

 

医療事務の資格は、どれも基本的な内容は同じですので、複数ある中から自分に合った資格を選択し、取得を目指すと良いでしょう。

 

ここで、主な医療事務の資格一覧を下記に記します。取得の参考にしてみてください。

 

 

メディカルクラーク検定(医療事務技能審査試験)

一般財団法人日本医療教育財団によって認定される資格です。通信講座大手のニチイなどの医療事務講座を受講することで受験資格を得ることが出来ます。年間4万人もの人が受験しています。

 

医療事務管理士技能認定試験

(株)技能認定振興協会によって認定される資格です。通信講座大手のユーキャンなどの医療事務講座を受講することで受験資格を得ることが出来ます。ユーキャンの講座を修了すると在宅受験が認められるので、人気があります。

 

診療報酬請求事務能力認定試験

(公財)日本医療保険事務協会によって認定される資格です。試験回数が年2回と少なく、また試験内容も難関であることから、合格率が低いことで有名です。医療現場からの信頼も高く、スキルアップのためこの資格の取得を目標に掲げる医療機関もあるくらいです.

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン