医療事務の役割はどんなこと?

病院・診療所の顔としての役割

 

病院や診療所に行った時に、まず迎えてくれるのが医療事務です。診察券や健康保険証の確認、カルテ出し、簡単な問診などを行っています。

 

はじめに患者さんと顔を合わせる医療事務が、病院や診療所の顔と言われるのは当然のことです。「初めが大事」ということわざがありますが、これは物事は最初が肝心であるということを指しています。始めに出会う医療事務の印象で、病院や診療所そのものの印象も決まります。

 

医療事務スタッフ

ニコニコとあいさつし、てきぱきと行動することで良い印象を与えることが出来ます。一方、不機嫌な顔で挨拶もしなかったり、私語をしていて仕事が進んでいないというようなことがあれば、印象は最悪のものになります。そうなると悪いうわさが回ってしまい、患者数の減少につながりかねません。

 

病院・診療所は患者や街の評判がとても大事です。患者さんへ良い印象を与え、評判を高めておくことが重要な仕事の1つです。

 

レセプトのプロとしての役割

 

医療現場では様々なプロが働いています。医者が診察のプロ、看護師が看護のプロ、薬剤師が薬のプロであれば、医療事務は何のプロなのでしょうか。

 

医療事務の仕事の1つに、レセプト業務というものがあります。私たちが普段病院や診療所で受ける診断や検査、治療の診療費は、それぞれ1点10円換算で点数が決まっています。

 

その点数を計算して患者さんである被保険者や政府・市町村・組合といった保険者に請求するのですが、中でも保険者への請求のことをレセプト業務と呼びます。詳しい内容としては、レセプトの内容に間違いがないかの確認、保険者ごとに整理、請求書の作成といったこと毎月上旬に行っているのです。

 

レセプト業務は、2年ごとに改定のある点数計算をすべて把握しておく必要があります。

 

電卓

また、レセプト業務を間違えてしまうと差し戻しとなり、保険者からの診療費が得られなくなるのでとても困ります。

 

毎月10日にある締切日までに間に合わない場合も同様に、診療費が得られません。そのため、レセプト業務には、早く正確な作業が求められます。このことから、医療事務はレセプトのプロと言えるのです。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン