医療事務の勤務先の種類について

病院・診療所で働く医療事務が圧倒的

医療事務スタッフ

医療事務の働く場所として最も多いのは病院や診療所です。受付や会計、レセプト業務をするのに医療事務は必要不可欠な人材です。総合病院や大学病院では患者数がとても多いので医療事務の人数も多く、中には百人以上いるところもあるようです。

 

総合受付・会計・レセプトと担当が分かれていたり、診療科ごとに受付があったりするので、多くの医療事務が働いていることがお分かりかと思います。自分の担当する仕事が決まっているので慣れるとサクサクと仕事を進めることが出来ます。

 

診療所では数人で仕事をすることが多いです。受付・会計・レセプトは担当が決まっていることはほとんどなく、今ある仕事をどんどんこなしていくという仕事内容になります。

 

中には、簡単な問診を行ったり、医師の指示を受けて薬を準備することもあります。病院と違って患者と接する機会も多いので、コミュニケーション能力が必要になってきます。

 

また、都会であっても地方であっても、病院や診療所があるところであれば、日本全国で働くことが出来ます。仕事内容はほとんど同じですので、引っ越した場合でも困ることがありません。

 

中にはこんなところで働く医療事務も

 

医療事務として働けるのは病院や診療所だけではありません。歯科医院、調剤薬局、介護施設などでも多くの医療事務が働いています。

 

歯科医院では歯科助手、調剤薬局では調剤薬局事務、介護施設では介護事務が医療事務と同じように働いています。しかし、仕事内容は受付やレセプト請求といったものがほとんどですので、医療事務の経験や資格があれば病院や診療所と同じように働くことが可能です。

 

医療事務スタッフ

中には、医療事務の資格に加えて、歯科助手・調剤薬局事務・介護事務といった資格を取って働く人もいるようです。医療事務として働いていた人や資格を持っている人は、これらの資格を追加で取得しようと考えた時に勉強する内容が少なくてすみます。

 

また、多くの人がつまずくレセプト業務の基礎・応用が分かっているため、資格を取得しやすいというメリットもあります。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン