医療事務試験の合格率はどれくらい?

資格によって異なる合格率

医療事務の合格率

医療事務試験の合格率は、各試験によって異なります。

 

例えば一番難易度が高いと言われている診療報酬請求事務能力認定試験は、合格率が30%ほどです。他にも、医療事務管理士だと合格率は50〜60%くらいになります。

 

中には、通信講座の受講が完了すれば、資格を差し上げますとうたっているところもあります。すなわち、合格率100%をウリにしているということです。

 

また、合格率とは少し異なりますが、試験の回数もそれぞれに異なります。

 

試験の回数が多いほど、合格できるチャンスが多いということが言え、それはすなわち資格が取得しやすいと言い換えることにもなります。医療事務技能審査試験の場合だと、1年間に12回ものチャンスがあります。

 

一方、合格率が低い診療報酬請求事務能力認定試験の場合は、1年間に2度しかチャンスはありません。この点からも、診療報酬請求事務能力認定試験が難易度が高いということが分かるかと思います。

 

合格率の差で資格にランクがついてしまうのか

医療事務資格取得

一般的に考えると、合格率が低い難しい試験に合格した人は高い地位にいることが多いです。医者や弁護士といった職業を考えてみると分かりやすいかと思います。

 

これは医療事務にも当てはまるのでしょうか。

 

医療事務の現場では、一番信頼されておりまた重宝されている資格は診療報酬請求事務能力認定試験の合格と言われています。すなわち、医療事務の中で一番合格率が低いものです。

 

問題の難易度が高く、また出題範囲も広いことから、この試験に合格した人には十分な医療事務に関する知識があるとみなされています。

 

他の医療事務の資格は、現場では知られていたり知られていなかったりと様々です。

 

よって、資格取得の難易度の差で「この資格はすごい、この資格はダメ」といったことは少ないのではないでしょうか。しかし、資格を取得したということは自信になりますし、勉強で培った知識は大きな財産になります。

 

良くあるパターンとしては、就職前に合格率の高い資格を取得し、就職後に合格率の低い診療報酬請求事務能力認定試験の合格を目指すというものです。

 

合格率の異なる資格を取得することで、医療事務としてのレベルアップを目指す人も多くいます。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン