医療事務の1日のスケジュール

1日の仕事の流れ

 

出勤後、病院・診療所が開くまでの時間を使って準備を行います。院内外の清掃やパソコンの起動、朝礼などです。また、新患や予約なしの患者の順番を来院順で受付する場合には、早くから玄関を開けておく必要があります。

 

朝開院した後には来院患者の受付、カルテへの記載、診療報酬の作成、会計等といった受付業務を行います。病院・診療所によっては忙しい医師や看護師に代わって問診を行ったり医師の診察のサポートを行うこともあります。

 

また、電話応対も重要な仕事の1つです。診療予約の受付、診療に関する問い合わせなどの電話を受け、医師へ取り次ぐのか医療事務で答えるのかを瞬時に判断する必要があります。

 

昼休みを挟んで、午後からも午前中と同じ業務を繰り返します。閉院後はレジの残高がパソコンの記録と合うかを確認します。その後、清掃を行い業務は終了です。

 

カレンダー

また、月初めのレセプト期間には、レセプト作成をする必要もあります。通常業務と並行でレセプト作業をするところ、レセプト作成のみの医療事務を雇うところなどさまざまです。同時に作業を行う場合だと仕事内容が格段に増えるので、とても忙しくなったり残業をせざるを得ない場合もあるようです。

 

患者さんへの対応は勤務場所によって異なる

 

医療事務が患者さんへどのような対応を取るのかは、勤務場所によって異なります。総合病院や大学病院といった大きな病院の場合には、受付・会計・レセプト作成などと担当が分かれていることが多いです。

 

また、病院スタッフもまた多いのが特徴の1つなので、問診や診療補助といった業務は別のスタッフが行うことがほとんどです。患者さんの数も多いので、迅速でかつ正確な作業が求められます。

 

診療所の場合には、数人の医療事務で、受付から会計までの一連の仕事を担当します。手が空いている人がどんどん仕事をこなしていく必要があります。迅速・正確な作業はもちろんですが、患者さんと顔を合わせて話す機会も多く、診療所の顔としての役割も期待されます。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン