医療事務のメリットについて

医院や病院などの医療機関において、受付や予約の受け付けなどで、患者さんへの接遇を行い、患者さんへの診療費の請求と代金の授受をする。月に1回は、診療報酬明細書(レセプト)を作成し、しかるべき機関に請求書を提出する。

 

このほかに、ドクターの秘書的業務やカルテの運搬、パソコンへの入力、院内の清掃などの雑用…。医療事務の仕事は、繁雑ではありますが、全国の医療機関に共通する業務内容と言えるでしょう。

 

働き方のメリットとしては、一旦資格を取得し、医療機関で実務経験を積むと、結婚や引っ越しなどの理由で離職したとても、再就職が容易な点が挙げられます。

 

資格と経験があり、雇用形態や待遇、福利厚生面などで選り好みをしなければ、ネットの求人サイトや最寄りのハローワークなどで、自宅の近所であろうと、好きな街であろうと、勤め先はたくさん探すことができます。

 

医療事務スタッフ

さらに、家事を優先したい主婦が、自分が希望する時間帯だけパート勤務をすることも可能です(月末月初に限っては、レセプト作成などで残業があるケースもありますが)。

 

また、子どもを持つ主婦がフルタイマーとして就職する場合、総合病院や大学病院を勤務先に選べば、院内保育所などの子育て支援を利用できたり、医療機関への勤務ということで、優遇措置を講じてくれる保育園もあります。

 

日本全国で就業可能

賃金の安さに目をつぶれば、医療事務は、日本国内ならどこでも共通の資格。資格と実務経験があり、求人の条件に合致すれば、仕事は必ず見つかります。

 

夫の転勤が決まり、家族で移動…などという場合、環境は変わっても、自分の能力を活かせるのは嬉しい点になります。普通の会社勤めでしたら、転職すると1から再スタートですから、どこでも共通の仕事に就くことができるのは、医療事務大きなメリットだといえます。

 

過去の同僚で、働き方はもちろん、窓口で接していた患者さんが健康を回復し、感謝の言葉を聞くことが無上の喜びだという医療事務担当者もいました。

 

実際に現場で働いていると感じるのですが、このような患者さんからの感謝の言葉は、この仕事の原点であり、やりがいともいえるのではないでしょうか。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン