医療事務の安定した仕事環境

医療事務の年収は、平均すると250万円ほどです。月収では20万円足らずと、独り暮らしにはちょっと厳しい金額かもしれません。他業種と比較すると、決していいお給料とはいえませんが、医療機関の特長は、一般企業と比較すると、安定した職種といえること。

 

今後の高齢化社会を背景に、病院の規模も拡大化しつつあります。景気にそれほど左右されることもありませんし、フルタイマーとして就業すればボーナスの支給も望むことができます。

 

ただし、休日面では、週末は遊びざんまい…というわけにはいきません。医療機関は、一般企業のように土日が2連休というところがほとんどありません。

 

たいていの医療機関は、その社会的性格から土曜日午前中の出勤が義務付けられています。“病には休日はない”ことをしっかり心の片すみに置き、病に苦しむ人を助ける医療機関の一員として、自覚をもって仕事をすることが大切です。

 

お給料や、休日などに制限こそありますが、医療事務の資格を取って、きちんと仕事をこなし職場の信頼を得て、患者さんからの評判も上々、人間関係もうまくつないでいけば、長く勤務することも可能な仕事になります。

 

また、資格と職務経験は日本全国共通ですから、たとえ未知の土地に引っ越しても、再び医療事務の仕事に就くことも可能です。結婚後にフルタイマーで働きたい場合は、育児休暇を設けている医療機関もありますし、働きながら育児に重点を置きたい場合はパートタイマーを選んでも良いでしょう。

 

医療事務という仕事の永続性を考えると、給料は低くても、華やかな仕事とは言えなくても、資格を取ることは得策といえます。ただし、現在進められている電子カルテ化を考えると、医事コンピュータの扱いに強くなっておくことは必須条件です。

 

高い事務処理能力と、患者さんへの接遇能力。相反するようで1つになった能力をもつ医療事務が今後求められています。まずは資格取得を目指して学び、就職後も絶えず能力を磨いていくことは、何よりも必要な事だと言えるでしょう。