医療機関における事務作業

病院、診療所等は、私達が病気に掛かったり、怪我をした際に、その病気や怪我の軽減、回復を図るために様々な医学的方法を施します。病院や診療所等を総称して医療機関といいます。

 

医療機関は、@患者用のベッドが20床以上の病院と、A患者用ベッドが19床以下の診療所に区別されます。診療所は、歯科診療を行う歯科診療所と、歯科診療所以外を行う一般診療所に分けることができます。

 

また一般診療所とは、ベッドの有無によって有床診療所と無床診療所に分けられます。医療機関では、患者が来院すると、医事職員などが患者が持参した被保険者証等を確認して、診療録(カルテ)を作成します。

 

医師は、患者の症状を聞いて、診察をし、必要に応じて検査、X線撮影、診断を行い、また薬剤投与のための処方を行います。診察が終了すると、最後に医療事務職員が診察報酬の点数算定、一部負担額の請求収納を行います。

 

このような一連の行為の中の診療録の作成や診療報酬の算定といった事務的作業を医療事務と呼び、それを担当する部門が医事課になります。これらは、患者に接する第一線業務であり、医師と患者を結びつけるパイプ役的業務だと言えます。

 

医事課の仕事内容は、外来業務、入退院業務、保険請求業務、一部負担金、未収金管理、統計業務等が挙げられます。他にも、診療や患者に関係した事務で、他部門に属さないものが数多くあり、それらの業務も担当することになります。

 

医療事務が担当する業務の範囲は、現在、ますます拡大する傾向にあり、組織的には分散から中央化が図られ、部内では分業化、専門家が進んでいます。また専門性の確保、業務の合理化などから業務の委託も拡大しています。