医療事務の適性とは?

医療事務という仕事に適性というものが存在するのか否かというと、医療事務特有の適正は存在します。医療事務は、一般的に事務系の仕事の部類に入ります。

 

カルテを読み取り、正確、かつスピーディに点数計算をし、請求書が発行できて、レセプト作成ができることは第一条件となります。これが出来なければ、体調の悪い患者さんを長い時間待たせてしまうことになりますし、計算ミスがあまりに目立つようでは、勤務先の医院・病院にも大きな損失を与えることになってしまいます。

 

だからといって、事務処理能力の正確さや速さといった内輪の業務だけを、深く追求するだけではつとまらないのが医療事務の仕事です。高い事務処理能のスキルが求められるのはもちろんですが、それと同じくらい高レベルかつ、ホスピタルティあふれる患者さんへの接遇能力とコミュニケーション能力が大切です。

 

健康上の問題で辛い思いをしている患者さんが、医院・病院を訪れた時に、真っ先に顔を合わせるのが医療事務の担当者です。そして、診察や治療を終え、診療費を支払って病院を後にする際に最後に顔を合わせるのも医療事務の担当者。

 

つまり、医療事務を担当する人間は、ドクターやナース以上に、患者さんと接する機会が多く、その病院の“顔”ともいえる立場になります。患者さんが病院に抱くイメージを、大きく左右する存在でもあるのです。

 

患者さんの名前を呼ぶ時も、患者さんを診察室や検査室に導くときも、いたわりの気持ちを持って応対することは常識だと言えますし、患者さんが困っている時は、手助けをするなどの細やかな心配り・気配りも大切です。

 

医療事務の担当者には制服が支給されますが、今や、“白衣の天使”というよりも“制服の天使”の時代かもしれませんね。

 

場合によっては、患者さんのクレームにも向き合わなくてはなりません。そのような事態に遭遇しても、感情的にならずに、優しい態度で対応できる見かけによらないしぶとさも、医療事務の担当者に必要とされる資質だと言えるでしょう。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン