医療事務の仕事内容について

医療事務の仕事をおこなう上で、まずは日本の医療制度である、国民健康保険や社会保険をはじめ、老人医療や公費負担医療など、複雑多岐にわたる医療保険の仕組みをしっかりと理解しておくことが必須となります。

 

医療事務の仕事は、医療機関内の全ての診療行為から発生した費用=医療費に関わる一連の業務が対象となります。

 

診療費の請求

具体的には、診療を終えた患者さんのカルテを受け取って読み取り、パソコンを操作し、ドクターの行った診察や治療、薬の処方箋などの内容を入力していきます。

 

パソコン写真

同時に、医療費の患者負担の割合を保険証から読み取り、患者さんの負担額を算出。医療費の請求書を作成し、患者さんに診療費を請求し、会計を行います。

 

医療費は、初診料として何点、検査として何点、処方箋を出したら何点、といった合計点数が算定される形です。診療行為ごとにつけられている点数をもとに、算定していきます。

レセプト作成

その後、患者さんのカルテから、 保険負担分の医療費を各月ごとに合計し、それぞれの保険組合や市区町村に、該当する負担分を請求する診療報酬明細書(レセプト)の作成を行います。業務の核心ともいえる部分になります。

 

このような医療費の計算などの作業がある一方、医療事務を担当する人は、ドクターやナースとは別に、医院や病院の“顔”という側面を持つことも忘れてはなりません。

 

受付

患者さんから見たら、健康上の不安を抱えて病院に訪れた際に、一番先に出会うのが、医療事務の担当者です。子どもから高齢者まで、いたわりをもって迎えてくれるか、また、予約受付の際にも、迅速かつ丁寧に接してくれるかなどが、患者さんの病院に対するイメージを左右するといっても過言ではありません。

 

病院写真

さらに、診療の順番が来た患者さんに対して呼び出しを行ったり、診察室・検査室等への誘導を行うなど、院内のこまごまとした雑用も欠かせない業務です。

 

患者さんへの心づかいやホスピタりティの現わし方といった、接客技術の体得もプロフェッショナルな医療事務として、大切な仕事だと言えるでしょう。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン