日本医療事務協会の医療事務講座の特徴

短期間での資格取得をサポート

 

日本医療事務協会の医療事務講座の特徴は、通信講座の学習期間が短くて済むということです。他の医療事務講座の場合、6ヶ月というのが標準的な学習期間です。しかし、ここの講座を受講すると、半分の3ヶ月で資格取得が可能です。

 

これだけの短期間受講を可能にしているのは、専任講師が合格までサポートしてくれるからです。添削課題や質問への回答などをすべて専任講師が担当してくれるので、個人の進捗状況をしっかりと確認・把握してくれます。

 

課題は3回分用意されており、丁寧な添削と個人に合ったアドバイスが魅力です。また、質問は郵送の場合は1週間、メールやファックスの場合は2〜3日での返答です。分からない点はすぐに解決することが出来ますので、やる気の持続にもつながります。

 

また、隔週期間が短いにもかかわらず、受講有効期間は他の講座同様に受講開始より1年間あります。よって、余裕を持ったペースで資格取得を目指すことも出来ます。

 

日本医療事務協会の医療事務講座で取れる資格

 

日本医療事務協会の通信講座では、保険請求事務技能検定試験の合格を目指します。試験回数は年に12回用意されており、時間無制限で在宅受験をすることが出来ます。合格率は70%と、他の資格と比較して高く、取得しやすいと言えるでしょう。

 

また、日本医療事務協会の通信講座は、診療報酬請求事務能認定試験にも対応しています。受験対策通信講座とセット受講することで、より効率的に勉強することが可能です。

 

診療報酬請求事務能力認定試験は数ある医療事務の資格の中でも最高峰と言われています。合格率は30%程度と低く、また試験回数も年2回となっています。

 

出題内容そのものもレベルが高いので合格するのは難しいのですが、その分医療現場での認知度は高く資格給が出ることもあります。

 

なお、以上の情報は、平成26年現在のものとなっています。最新の情報とは異なる場合がありますので、通信講座や資格認定団体のサイト等でご確認ください。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン