医療事務の年収はどれくらい?

医療事務の年収は、正規の社員で、300万円以上400万円未満が一般的です。年収データを、性別・世代別に見てみましょう。(2012年、約10万人を対象に、DODA調べ)。

 

まず、女性です。女性の平均年収は254万円、中央値では250万円となっています。78%を300万円未満が占め、300〜400万円の人は19%にとどまっています。

 

400〜500万円未満では2%、500〜600万円未満では0%、600〜700万円では1%、700万円以上は、1件もありませんでした。

 

次に、男性です。男性では、平均年収は女性よりも高くなり、343万円でした。中央値では、311万円。38%を300万円未満が占め、300〜400万円の人は29%となっています。

 

400〜500万円未満では26%、500〜600万円未満では2%、600〜700円未満では5%、700万円以上は1件もなしとなっています。年代別のグラフを見てみると、20代では78%が300万円未満、300〜400万円未満の人はわずか19%にとどまっています。

 

30代でも、61%が300万円未満と高い割合を占め、300〜400万円未満の人は25%となっています。

 

40代でも、47%(約半数)が300万円未満の年収に甘んじています。その一方で、600〜700万円未満の人も、11%。これは、国公立病院に公務員として勤務する人や、総合病院などの大きな組織で役職に就いている人だと思われます。

 

勤務先が医療機関であるという社会的に信頼されるべき機関ということを除けば、医療事務は年収面では決して良いとは言えないのが現状です。

 

とはいっても、仕事を続ける意志が強ければ、生活上のさまざまな工夫で収入をカバーすることは可能だと思います。また通常の企業のように、景気に左右される不安定さや、正社員であればボーナスも確実に期待が出来ます。

 

安定して働けるというのは、医療事務の大きなメリットだと言えるでしょう。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン