医療事務に求められるスキルとは?

自分の職分はもちろんのこと、周囲に起こるさまざまな事柄に対応するなど、幅広く注意を配らなくてはならないのが、医療事務の担当者です。状況は、勤務先によっても異なります。

 

例えば、患者さんの多い大病院の場合なら、毎日のように事務や経理業務に忙殺されますし、月末のレセプト作成では、泊まり込みというケースもあります。

 

一方、小規模クリニックに多い親族経営では、限られた人数の中で仕事をこなしつつ、派閥などの人間関係に悩まされることも少なくありません。

 

どの医療機関にもいえることは、頂点に立つ医師をスタッフが一丸となって補佐するため、一種のヒエラルキーがあり、医療事務に雑用が集中してしまう点です。

 

さらに、医療機関とは、自分独りではどうすることもできない病を抱えるひとが、大挙して訪れる場所ですから、受付を担当する医療事務は、毎日、たくさんの人びととの出会いが繰り返されます。このような人間関係を、上手に乗り切る“ヒューマンスキル”も大切です。

 

ヒューマンスキルとは、現在、あらゆる企業がそこで働くひとに求めるファクターの一つで、『スムーズな人間関係を築いていくうえで必要な技術や能力』を表す言葉です。例えば、聞き上手、話し上手などのコミュニケーション能力、向上心があること、強調性があること、柔軟性があることなど。

 

仕事を続けるうちに、つらい、もう逃げたいと感じるか?いろいろなひとがいるし、いろいろあるけれど仕方ない、ガンバ!と明るく乗り切るかは、その人次第。どんな仕事をするにせよ、ヒューマンスキルがあれば、周囲のスタッフも協力してくれるはずです。

 

ひとの命と健康を預かり、時として、ドラマティックな展開のある医療(クリニック)の世界の一員としてどのように動くべきかを知り、一つ一つ、正確に対処することができるようになれば、医療事務として一人前になった証拠です。

 

優しいスマイルとともに、ある程度の度胸も必要。職務の中で人間としても成長することが、医療事務の仕事なのです。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン