どうすれば医療事務になれる?

医療事務として働くことは狭き門

 

医療事務になるには、病院や診療所に採用される必要があります。年齢や性別、資格などといった就業に必要な条件はありません。しかし、医療事務として働くことは狭き門なのも事実です。

 

清潔な職場で残業や休日出勤も少なめ、また一般事務よりも給与が良いということで、人気は高いです。子供の手が離れた主婦にとって働きやすい条件でもあるので、志望者はどんどん増えています。

 

一方、すでに医療事務として働いている人は条件が良さからなかなか辞める人がおらず、空きが少ない状態です。そのため、求人はいつも少なめな状態が続いており、医療事務の求人を一度出すと数十人の応募者が殺到するといったことも起きているようです。

 

また、医療事務を採用するときには、経験者優遇を押し出しているところが多いです。特に診療所の場合は人件費の削減のために必要最低限の医療事務しか雇っていないことがほとんどです。

 

未経験者を採用してしまうとたちまち現場がまわらなくなってしまいます。経験者の場合ですとすぐに即戦力となって働いてくれますし、教育をする手間もかからず助かるというわけです。

 

未経験者は医療事務として働けないのか

 

それでは、医療事務の未経験者は、全く採用してもらえないのでしょうか。実際はそんなことはありません。

 

未経験で就職を決める人も多くいらっしゃいますし、中には他の病院・診療所の癖がついておらず、素直に教えたことを吸収するからという理由で未経験者歓迎というところもあります。

 

とはいえ、何も知らないまっさらな状態で医療事務の仕事が出来るほど、この仕事は甘くありません。未経験とはいえ、医療事務について勉強をしておくことが大切です。

 

医療事務の勉強をしたとアピール出来るのが、資格の取得です。第三者から医療事務としての知識を習得していると証明してもらえるからです。医療事務の資格を持っていることで、採用への確立が上がるでしょう。

 

未経験の状態から医療事務として働きたいと考える人は、まずは資格の取得を目指すのが良いでしょう。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン