医療事務と調剤薬局事務の違い

医療事務とよく比較されるのが調剤薬局事務です。この2つの違いはどこにあるのでしょうか。

 

まずは働く場所の違いです。医療事務は病院や診療所で働きます。総合病院といった大きな病院の場合は、あらゆる科に対応しなければならないため、仕事内容も幅広くなります。

 

個人の診療所の場合は単科のことが多いので、仕事内容は少なくなります。調剤薬局事務は調剤薬局で働きます。医療事務と同じように、総合病院の門前薬局の場合は幅広い科の処方せんが来るので忙しいです。

 

個人の診療所の門前薬局の場合は、単価のことが多く、また同じ処方が多いので仕事内容は少ないです。

 

次に、扱う範囲が異なります。医療事務は薬剤だけではなく入院や処置、手術など様々な範囲を学びます。取り扱う患者さんも、外来患者だけではなく入院患者も対象です。

 

調剤薬局事務は薬剤の分野だけになりますので、難易度が低いです。取り扱う患者さんは、外来患者だけになります。

 

最後に、仕事内容が異なります。医療事務の主な仕事は、受付業務とレセプト作成です。調剤薬局の主な仕事は、受付業務とレセプト作成に加え、薬剤師の補助的な役割を担うことがあります。薬袋を書いたり薬の情報を印刷したりなどです。

 

調剤薬局事務と医療事務、どちらが大変かといえば、医療事務の方に軍配が上がるでしょう。通信教材のテキスト数や標準学習時間の長さ、受講料の高額さなどを比較すれば明らかです。

 

しかし、通信教材では医療事務の方が人気があります。就職先が多様にあるのと、医療事務の資格があれば調剤薬局事務の仕事内容も一通りこなすことが可能だからです。

 

また、調剤薬局事務と医療事務、2つの資格を取得する人も増えてきました。医療事務の資格を持っている方が内容が似ている調剤薬局事務の資格を取る方もいます。

 

一方、先に簡単な調剤薬局事務の資格を取ってから医療事務の資格にステップアップする方もいます。2つの資格の違いを理解して、自分に合った資格を取得しましょう。

 

失敗しない!医療事務の講座を選ぶ方法

講座を一括比較できるサービスを活用する

 

brash個別1

 

ブラッシュアップ学び

brash個別2

 

医療事務一括資料ボタン

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

brash個別3

 

医療事務一括資料ボタン