医療事務の資格と仕事

医療事務の仕事

医療事務の仕事は主に、病院やクリニックなどで、受付・会計・カルテ管理・医療保険の診療報酬明細書(レセプト)の作成業務などを行います。

 

医療事務画像

「自分の状況に合わせて勤務形態を選べる」「就職・転職が容易で、転勤や育休後も復職しやすい」「医療機関の仕事は、好不況の影響が少なく安定している」などの理由で、女性に非常に人気の高いお仕事になります。

 

仕事をするうえで、医療保険等の専門知識が必須になりますから、医療事務の資格を取得するために通信・通学講座を受講する方が増えています。

 

医療事務に資格は必要?

医療事務の仕事をするうえで、資格や免許は必要ありません。しかし、資格を取得することで、@就・転職に有利A即戦力として働けるB資格手当が支給される場合がある、などの様々なメリットがあります。

 

これから医療事務を希望する方は、事前に専門知識を身に付けることで、仕事もやりやすく、即戦力として働くことができます。まずは通信講座などを受講し、医療保険等の基礎知識を学び、資格を取得しておくことをおすすめします。

 

講座選びで失敗しないために!

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップキャプチャ

ブラッシュアップ文字
資格の総合サイト「ブラッシュアップ」を利用すれば、複数講座の資料を比較、一括請求することができます。講座によって、取得できる資格、料金、カリキュラム等それぞれ異なります。事前に必ず比較をして、自分に本当に合った講座を選びましょう。資料には、無料とは思えないほど、実際の現場の声や体験談等が豊富に掲載されており、とても参考になります。受講しようか悩んでいる方にもおすすめです!
シカトルボタン前シカトルの詳細を確認する

 

講座選びのポイント

医療事務の資格は、国家資格ではなく、全て民間資格になります。もちろん受講する講座・認定団体によって取得できる資格も異なり、関連資格は10種類以上にもなります。

 

一般的に就職に有利な資格は、「診療報酬請求事務能力検定」「メディカルクラーク検定2級」 「医科 医療事務管理士(R)技能認定試験」と言われていますが、医療事務の仕事を行うにあたり必要な知識を学べる、という点では大きな差はありません。

医療事務スタッフ

 

自分が医療事務の仕事をする中で、どの仕事(窓口・会計・レセプト作成など)に関する知識を重点的に身に付けたいのか、自分が将来どのような人材を目指のすかといったことも、比較材料の1つにしておくと良いでしょう。

 

講座を選ぶ際は、最低限、以下5つのポイントを確認しておくことをおすすめします。

カリキュラムの内容は充実しているか?

医療の現場ですぐにでも通用する、実践的なカリキュラムになっていることが重要です。また、難しい専門用語・レセプト作成・算定方法などが、初心者でも分かりやすいように工夫が施されているかどうかも、講座を選ぶ際に欠かせないポイントです。

 

テキストは初心者でも分かりやすいか?

医療事務のテキストは、勉強する時はもちろん、資格試験の際、就業後の実務の現場でも役立つものです。資格取得が初めての方や、医療機関に馴染みの無い方でも容易に理解ができる、「分かりやすい」テキストを選びましょう。

 

合格率の実績は充分か?

過去に豊富な実績を持っている講座は、膨大なデータがある分、的確なアドバイスを貰うことができます。修了実績、合格率は必ず確認をしたうえで、申し込むことをおすすめします。

 

給付金制度に対応しているか?

「教育訓練給付金」とは、厚生労働省が認定する講座を修了すると、受講料の20%(限度は10万円)が給付される制度です。希望する講座が対象になっているかどうか、必ず確認してから申し込みましょう。

 

就業までのサポートは万全か?

中には、資格取得後に就業相談会を実施、一人ひとりの適正や条件に合った就業先を紹介してくれる講座もあります。受講〜試験〜就業まで、親身に相談に乗ってもらえる講座を選びましょう。

 

講座選びで失敗しないために!

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップキャプチャ

ブラッシュアップ文字
資格の総合サイト「ブラッシュアップ」を利用すれば、複数講座の資料を比較、一括請求することができます。講座によって、取得できる資格、料金、カリキュラム等それぞれ異なります。事前に必ず比較をして、自分に本当に合った講座を選びましょう。資料には、無料とは思えないほど、実際の現場の声や体験談等が豊富に掲載されており、とても参考になります。受講しようか悩んでいる方にもおすすめです!
シカトルボタン前シカトルの詳細を確認する

 

 

 

 

 

 

【医療事務とは】

医療事務は、別名「メディカルクラーク」(資格試験を実施する財団法人日本医療教育財団の登録商標)とも呼ばれています。文字どおり、医院や病院などで医療事務を行う人、あるいは、その仕事を行うための資格を呼ぶものです。仕事の内容は、医院や病院内において、患者さんへの対応を行う受付、予約の受け付け、患者さんへの診療費の請求と代金の授受、診療報酬明細書(レセプト)の作成などとなっています。このほかに、院内の雑用などが含まれることもあります。医療の場になくてはならない医療事務の仕事ではありますが、医療事務は、実は、国家資格などの資格はありません。実際のところ、医療事務の仕事に就くための資格は、特にないのが現状です。学歴や年齢も無関係です。現在、医療事務の外郭団体や専門学校などで、さまざまな検定試験を実施し、合格者を認定する形をとっていますが、いずれも民間の資格ですので、公的な資格とはいえません。中には、公的資格と同程度のものとして、知名度が高い試験も存在するのも事実です。厚生労働大臣認可の財団法人日本医療教育財団が実施する「医療事務技能審査試験」で、1級・2級(医科・歯科)に区別され、試験の内容は2つに大別されます。技能審査試験は、実技試験で、診療報酬明細書(レセプト)点検などがあります。さらに、筆記による医療事務に関する学科試験があります。1級は年3回(6月・10月・2月)、2級は毎月実施されています。受験資格は、審査委員会が認める所定の教育ガイドラインを履修した者とされ、2級の場合は医療機関などで6ヵ月以上の医療事務職の実務経験者、1級の場合は2級合格者で1年6ヵ月以上の同実務経験者とされています。合否は、試験終了から1カ月ほど経てから郵送で通知され、合格者に対し、通知の1カ月後に、合格証書が郵送されます。資格を取得すると、就職にはベターとされていますが、それ以上に、経験と実績がものを言う仕事とされています。

 

 

 

更新履歴